あったようななかったような

冷蔵庫が壊れる日々。

f:id:hicarutta:20160504142324j:plain

冷蔵庫が壊れた。

修理代、28000円( ̄◇ ̄;)。

 

この冷蔵庫は、実は、7年ほど前に、買ってから2年ほど経ったあとで、突然壊れた前任冷蔵庫に代わってやってきた、代替冷蔵庫だ。

 

前任の突然の壊れ方はあまりもう覚えていないが、誰が見ても致命的(冷えない)で、修理といってもモーターでしょ、といったような冷蔵庫の根幹部分だったし、もっというと、そういうのはまだ壊れるのには早いでしょう、いくらなんでも、と思った記憶がある。

●芝の冷蔵庫で、執事剛健なシンプルな形と機能が気に入っていたし、なにより電気屋の5年保証に入っていたから、即修理と思っていた。

 

らば、あっけなく、交換しますということになった。

 

考えるに、もしかして(ほんとうにもしかして)初期不良とかなにかこのロットに致命的な欠陥があるんじゃないのと思わせるくらい、さっぱりした対応で、瞬く間に、新しくて(新品\(^O^)/)ちょっと新しいモデルが来た。

 

の もつかの間、実は、このモデル自体がもしかして(ほんとうにもしかして)欠陥モデルだったんじゃあないかと、その後、気がつくわけだけど、とにかくちょい ちょい壊れるので、5年を過ぎたあとは自費修理になるし、ここ最近は部品の交換もエスカレートしてきて、モーターと外側以外はすべて移植したような、もと の内容とは違うマシンになった。

 

そして、床を水浸しにした悪夢(何回もやってる前科がある。直ってないってこと)、水漏れの激しかった今回は、最高値を記録した修理代金。

 

「できるだけのことはやったし、いっぱい取り替えたし、また具合が悪くなったら、もう終わりッスね」

 

もう修理に来てくれるお兄さんとは、顔見知り?だし、はっきり言って、冷蔵庫のことにもけっこうくわしくなってしまった。

 

この人は毎度、一生懸命に修理してくれるし、いい人だと思う(思いたい)。

 

やっぱり世間で言うところの出来の悪いものには愛着がわく?わかない?

広告を非表示にする