あったようななかったような

ここについて。

f:id:hicarutta:20161020123632p:plain

忘れっぽくなって、忘れっぽいというようなかわいい表現ではすまなくなってきて、一日が過ぎると、きのうなにをしていたのか、おとといどんなことがあって、どんな風に思っていたのか、覚えていないことが多くなっていて、手帳に記入しようにもさかのぼれない。いま、ここに「しか」いられないような、マインドフルネスのような(違う)、集中して充実して生きているのさ、と思いきや、まったく逆で、さみしいような複雑な今日この頃。

 

そのなかでも、一瞬、あ〜これは記憶に留めておきたいと思うことがある。いまもう頭の中からこぼれ落ちていってしまうその前に、すくってしまっておきたい一瞬。
 

 

しまっておいて、あとでふと勝手に出てきてしまうというよりは、ていねいに風呂敷のようなものでくるんだ包みを、そっと開けて見るような、そういう記憶。

 

そういうものを少しずつ、書き留めていきたい。

 

だれも読まないという前提で、でも、密かにどこかでだれかが読むかもしれないという。

知らない人として。

広告を非表示にする